フォームパーツ一覧

ラベル

フォームにテキストを追加するパーツです。フォームにタイトルを付けたり、入力項目に説明を付けたりできます。

ラベルのキャプチャ

ラベルに色をつけたり、文字のサイズを変更することも可能です。

文字列(1行)

1行のテキスト欄を追加するパーツです。このパーツで追加したテキスト欄では、テキストを改行できません。

文字列(1行)のキャプチャ

顧客名や案件名、型番、商品名、担当者名など、文字入力全般に利用するパーツです。

リッチエディター

複数行のテキスト欄を追加するパーツです。「文字列(複数行)」と異なり、フィールドに入力した文字の大きさや、色などを変更できます。

リッチエディターのキャプチャ

文字列(複数行)

複数行のテキスト欄を追加するパーツです。

文字列(複数行)のキャプチャ

文字列(1行)は50文字以内程度の短い単語や文章を入力するのに適しています。
複数行は主に備考欄や感想、お客様とのやり取りの詳細など、長文を入力する場合に適しています。

数値

1行の数値入力欄を追加するパーツです。
文字列(1行)パーツに対して、数値パーツは、次の点が異なります。

  • 値を3桁区切りで表示できます。
  • 入力可能な値の範囲を指定できます。
  • 絞り込み機能を使用して、「指定した値以上」「指定した値以下」などの条件でデータを絞り込めます。
  • 全文検索の対象になりません。

売上管理や各種指標など、数字を扱うアプリを作成する際に便利です。

計算

ほかのフィールドの値を参照して計算、または変換した値を自動入力するパーツです。

計算のキャプチャ

数値の足し算、引き算、掛け算、および割り算が可能です。また日時と時間の足し算、および引き算、日時の差分の計算もすることができます。
交通費申請や備品購入申請、勤務時間の計算などにも幅広く利用できます。

ラジオボタン

ラジオボタンのフィールドを追加するパーツです。一つだけ選択可能な選択肢項目に使用します。

ラジオボタンのキャプチャ

アンケートでの評価や、有無などの項目を選択する場合に利用されることが多いです。

チェックボックス

チェックボックスのフィールドを追加するパーツです。複数選択が可能な選択肢項目に使用します。

チェックボックスのキャプチャ

チェックボックスは縦並びだけでなく、横並びにすることもできます。

複数選択

複数選択が可能な選択肢のリストを追加するパーツです。

複数選択のキャプチャ

ドロップダウン

ドロップダウンリストのフィールドを追加するパーツです。
一つだけ選択可能な選択肢項目に使用します。

ドロップダウンのキャプチャ

ラジオボタンよりも選択肢が多い場合に使うと便利です。

日付

日付のフィールドを追加するパーツです。カレンダーから日付を選択できます。

日付のキャプチャ

日付フィールドで設定した日時を、カレンダービューに反映させることもできます。(右)

時刻

時刻のフィールドを追加するパーツです。

時刻のキャプチャ

タイムカードや工数管理など、時間の計算をすることもできます。

日時

日付と時刻を組み合わせたフィールドを追加するパーツです。

日時のキャプチャ

問い合わせを受け付けた日時などを記録しておくことができます。

添付ファイル

ファイルを添付するフィールドを追加するパーツです。

添付ファイルのキャプチャ

添付ファイルが画像ファイルの場合、カレンダービューのキーとなるフィールドを添付ファイルに設定することで、画像を表示することも可能です。

リンク

Webサイトのアドレス、電話番号、またはメールアドレスを入力するフィールドを追加するパーツです。フィールドに入力された値は、フィールドの設定に応じた種類のリンクになります。

リンクのキャプチャ

ユーザー選択

kintoneの利用ユーザーから1人または複数人を選択するフィールドを追加するパーツです。

ユーザー選択のキャプチャ

ユーザー選択パーツを利用して、自分が関係している内容のものだけを絞り込む設定をすることもできます。

関連レコード一覧

ほかのアプリのデータをフォームに表示するパーツです。

関連レコード一覧のキャプチャ

ルックアップ

ルックアップ先として設定したアプリからデータをコピーするフィールドを追加するパーツです。

ルックアップのキャプチャ

顧客名を入力し「取得」ボタンを押すと、ルックアップ先に設定した「顧客名簿」アプリから、「元気コンサルティング」の担当部署名、 ご担当者名を自動的に引っ張ってくることができます。

スペース

フォームにスペースを追加するパーツです。フィールドの表示位置の調整に使用します。
右端や下端をドラッグして、スペースのサイズを変更できます。

スペースのキャプチャ

スペースの大きさは自由に変更することができます。
スペースを利用することで、入力画面のレイアウトを見やすく整えることができます。

罫線

フォームに罫線を追加するパーツです。フィールド間の区切りに使用します。右端をドラッグして、罫線のサイズを変更できます。

罫線のキャプチャ

グループ

フィールドをグループ化して、グループ内のフィールドの表示/非表示を切り替えられるようにするパーツです。
フォームに配置するフィールドが多い場合に、フィールドをグループ化して、一度に表示するフィールドの数を減らせます。

グループのキャプチャ

グループをクリックするとパーツが開閉します。担当者ごとに入力する箇所が異なる場合などにも便利にご利用いただけます。

レコード番号

レコードに自動的に割り当てられた、ほかのレコードと重複しない番号を表示するパーツです。アプリコードを設定したアプリでは、アプリコードと番号の組み合わせがレコード番号になります。

例:アプリコードが「kintone」のアプリのレコード番号は「kintone-1」のように表示されます。
kintoneのレコードやコメントに、アプリコードを含んだレコード番号を書くと、対応するレコードへのリンクになります。

レコード番号のキャプチャ

このアプリではレコード番号の名称を「案件番号」としています。
レコードが登録されると、自動的に番号が割り振られます。

作成者・作成日時・更新者・更新日時

作成者

レコードの作成者(登録者)を表示するパーツです。

作成日時

レコードの作成日時を表示するパーツです。

更新者

レコードの更新者を表示するパーツです。

更新日時

レコードの最終更新日時を表示するパーツです。

Pagetop