ユーザー管理

使用状態のオン・オフも
自由自在

ユーザー情報管理

ユーザーは組織やグループごとに登録し、使用状態のオン・オフも一画面で管理することができます。CSV読み込みで一括登録することや、事前に日時を指定してユーザー情報を更新することもできます。

複数システムの
ユーザー情報を一元管理

ユーザー情報API

ユーザー情報APIを活用することにより、社内に設置されているActive Directory / LDAPサーバーなどの人事マスタシステムとキントーンのユーザー情報を一元管理することができます。組織変更に伴うシステム管理者の負担を大きく減らします。

複数システムで
シングルサインオン

SAML認証

SAML認証に対応しているので、企業内で利用している他のシステムと認証を共通化することができます。それぞれのシステムごとにユーザー認証を行う必要がなく、一度の認証、一組のID・パスワードだけで様々なシステムを利用することができます。

アクセス制限

想定外の接続を
シャットアウト

IPアドレス制限

アクセスできるIPアドレスを限定し、想定外のアクセスをシャットアウトできます。

接続できる端末を制限

セキュアアクセス有料

クライアント証明書によって接続端末を認証できます。IPアドレス制限と組み合わせて利用することで、より安全に社外からのアクセスを行えます。

企業ごとに
異なる
ログインURLでアクセス

独自サブドメイン発行

個別のサブドメインを発行することで、企業ごとに異なるログインURLでアクセスできます。

複数のユーザー認証
プロセス

Basic認証 / パスワードポリシー設定

BASIC認証設定を行うと、BASIC認証のログイン名・パスワードを知っている人のみログイン画面にアクセス可能となります。また、企業のセキュリティに合わせて様々なパスワードポリシーを適用できます。

アプリ作成・データ閲覧など
操作権限を細かく管理

アクセス権

組織単位から1ユーザー単位まで、アプリ管理、データ閲覧などの操作権限を細かく設定、管理することができます。

変更履歴

過去の経緯も
合わせて管理

変更履歴

いつ、誰が、どこを、どのように変更したか、データ編集の変更履歴を残すことができます。あやまってデータを更新してしまった場合も、変更前の状態に戻すことができます。

監査ログ

重要な操作が実行されたら
即座に通知

監査ログ

ユーザーのログイン記録、アプリの更新やデータの削除など、システムにとって重要な操作を監査ログとして記録できるので、監査や調査を行う際の手助けになります。データ一括削除など、特に重要な操作ログが実行された際は、管理者にメール通知することも可能です。

外部サービス連携

APIで人事マスタとつながる

ユーザー情報連携

ユーザー情報APIを活用することにより、社内に設置されているActive Directory / LDAPサーバーなどの人事マスタシステムとキントーンのユーザー情報を一元管理することができます。組織変更に伴うシステム管理者の負担を大きく減らします。

APIやWebhookで
外部サービスとつながる

データ連携

APIやWebhookを利用して、キントーンと外部サービス間でデータ連携ができ、外部サービスからデータの登録、更新、削除、出力が可能になります。これにより、基幹システムのフロントシステムとして活用するなど、利用の幅が広がります。