2021年4月版 主なアップデート

レコードコメント
レコードコメントに「新着あり」表示機能を追加

レコード詳細画面に表示されるコメントのタブ内に、「新着コメントがあります」が表示され、その場で新着コメントを確認できるようになりました。レコードの編集中や、コメントの書き込み途中にも新着表示が行われ、その状態のままコメントを読み込むことも可能です。これにより、編集内容とコメント上でのやりとりとが前後してしまうといったことが起きにくくなり、レコード内でのコミュニケーションがよりスムーズに行えるようになります。

レコード詳細/編集画面で新着コメントがある場合

新しいコメントが追加されると、「新着コメントがあります」が表示されます。

一件の新着コメントがりますというボタンが表示されている画像

※PC版のレコードコメントにのみ対応しています。

矢印

クリックすると、その場で新着コメントが読み込まれます。

クリック後、新着コメントがその場で表示されている画像

新着コメントを確認した上でのコミュニケーションが行いやすくなります。

新着コメントを確認しながら返信をしている画像

アプリ設定
設定変更後の案内表示を追加

Webhook/アクションの設定更新後や、プラグインの有効/無効の切り替え直後に、「保存の完了」を示すメッセージが画面上部に表示されるようになりました。また、同じ表示内で、設定の変更内容を反映するには「アプリの更新」操作が必要であることの案内も行っています。これは「アプリの更新忘れ」の低減や、「反映にはアプリの更新が必要であること」の学習機会を増やす改善の一貫であり、今後も類似のアップデートを行う予定です。

Webhookの設定後,「保存の完了」と「アプリの更新をしてください」という内容のメッセージが表示されている画像

設定の保存完了のメッセージとあわせて、変更内容の反映には「アプリの更新」が必要であることの案内が表示されます。

JavaScriptカスタマイズ
スペースのポータル画面をカスタマイズ可能に

スペースのポータル画面に対してオリジナルの要素を追加する際に利用可能なイベント(space.portal.show)および要素取得API(kintone.space.portal.getContentSpaceElement)を追加しました。これらのAPIを用いてJavaScriptカスタマイズを行うことで、各スペースの目的や役割に応じた内容をスペースのポータル画面上に表示することが可能となります。これまで同様のカスタマイズは、kintone全体のポータル画面に対してのみ行うことが可能でした。

スペースポータル表示イベント space.portal.show (PC)
mobile.space.portal.show (モバイル)
スペースポータル要素取得API kintone.space.portal.getContentSpaceElement() (PC)
kintone.mobile.space.portal.getContentSpaceElement() (モバイル)

カスタマイズ例

スペースのポータル画面をカスタマイズした画像。スペースのポータル画面のトップにグラフやボタンが配置されている。

※今回提供するカスタマイズ可能な箇所はスペースのポータル画面であるため、「スペースのポータルと複数のスレッドを使用する」設定が有効のスペースでのみ利用可能です。

※また、従来のポータル画面のカスタマイズ同様、カスタマイズを行う際はシステム設定の「kintone全体のカスタマイズ」を利用します。

※ゲストスペースでは利用できません。

今後のアップデート予定

5月版にて、kintone全体のポータル画面同様にスペースのポータル画面に配置されているウィジェットの表示/非表示を切り替え可能にする設定の追加を予定しています。この設定が追加されると、スペースのポータル画面内のすべてのウィジェットを非表示にした状態でJavaScriptカスタマイズを行うことも可能となります。

REST API
ユーザーが利用できるサービスの一覧をJSON形式で取得できるREST APIを追加

ユーザーが利用できるサービス(kintone、Garoonなど)の一覧をJSON形式で取得できるREST APIを追加しました。
このAPIの追加によりユーザーが利用できるサービスの取得と更新をJSON形式で処理できるようになります。従来のCSV形式での取得・更新も引き続き利用可能です。

新しく追加されるAPI:

ユーザーの利用サービスの取得API /v1/users/services.json

詳細はdeveloper networkをご覧ください。 developer networkはこちら

アップデートオプションの変更内容

2021年4月版における、アップデートオプションの変更内容は以下の通りです。

4月版
新機能の無効化 変更なし「レコードの変更履歴に作成者/作成日時を表示する」機能を無効にする

※2021年5月の定期アップデート実施まで無効化可能です。

変更なし「作成者や作成日時などのフィールドをファイル読み込みで指定できる」機能を無効にする

※2021年8月の定期アップデート実施まで無効化可能です。

追加「レコードコメントの新着通知をコメント欄に表示する」機能を無効にする

※2021年8月の定期アップデート実施まで無効化可能です。

新機能の先行利用 変更なし
開発中の新機能 変更なし「アプリの所属スペースを変更する」機能を有効にする

アップデートオプション機能の詳細や、提供中の各項目(新機能)については以下のヘルプページを参照してください。4月版の内容は、4/9(金)にヘルプに反映されます。