2021年1月版 主なアップデート

アプリ管理
アプリ一覧に「レコードの最終更新日」列を追加

アプリ一覧に「レコードの最終更新日」列が追加され、最後にレコードが追加・編集された日を確認できるようになりました。
これにより、長期間レコードの追加や編集が行われていないアプリを見つけやすくなり、アプリの整理や棚卸しが進めやすくなりました。

アプリ管理画面

レコードの最終更新日列が追加されたアプリ管理画面

「レコードの最終更新日」には、最後にレコードが追加・編集された日が表示されます。
※ただし、今回(2021年1月)のアップデート以降、一度もレコードが追加・編集されていないアプリについては、以下の表示となります:

  • アプリの作成日がアップデートより後の場合 →「アプリの作成日」が表示されます。
  • アプリの作成日がアップデートより前の場合 →「(データなし)」と表示されます。

この機能は、アップデート直後の時点では最終更新日の情報が記録されていないため、アップデート以降、時間経過とともに活用いただきやすくなる機能です。

「レコードの最終更新日」を古い順に並び替えることで、長期間利用されていない可能性の高いアプリを効率よく発見することができます。アプリの整理や棚卸しなどを行う場合に便利です。

今後のアップデート予定

次のアップデート(2月版)では、アプリの一覧をCSV形式でダウンロードしたファイルにも「レコードの最終更新日」が含まれるようになる予定です。

ファイル書き出し
ファイル書き出し時に、リッチエディターをHTMLタグを取り除いた形式でも出力可能に

ファイル書き出し画面に新しい出力オプション「リッチエディターをテキスト形式で出力する」が追加され、HTMLタグを取り除いた形式(テキスト形式)でリッチエディターフィールドの入力内容を出力できるようになりました。
これにより、リッチエディターフィールドへの入力内容の閲覧や加工が行いやすくなりました。

書き出されたCSVファイル

今まで(従来の書き出し):

HTMLタグの入った入力内容が表示されたCSVファイル
↓

1月版より:

HTMLタグが取り除かれた、テキスト形式での出力

HTMLタグの取り除かれた入力内容が表示されたCSVファイル

従来どおりの出力形式と切り替えが可能です。

「リッチエディターをテキスト形式で出力する」チェックボックス

レコード
レコード編集中でも、添付ファイルの画像を
拡大表示できるように

レコード編集画面で、添付ファイルフィールドに添付した画像を拡大表示できるようになりました。
レコード一覧やレコード詳細画面などと同様に、添付した画像のサムネイル画像をクリックすることで拡大できます。

レコード編集画面

レコード編集画面でも、画像をクリックして拡大できるようになりました。

レコード編集画面の添付ファイルフィールドのサムネイルをクリックして拡大した画像

アプリ設定
「言語ごとの名称」の設定対象に「アプリアクションのアクション名」を追加

「言語ごとの名称」の設定対象に「アプリアクションのアクション名」(ボタンに表示される名称)が追加されました。これにより、複数の言語で利用されるアプリにおいても、アプリアクションを利用しやすくなりました。

※「言語ごとの名称」機能とは、アプリ内で使用されるボタン名やフィールド名などに対して日本語・英語・中国語それぞれの別名を設定し、ユーザーの利用言語に応じて自動的に表示を切り替えることのできる機能です。

「言語ごとの名称」画面

1月版より

1新しく「アクション」タブが追加されました。

2アプリアクションのアクション名を設定できます。

「アクション」のタブが追加された「言語ごとの名称」画面

レコード詳細画面

利用者の言語に応じて、設定した名称に切り替わります。

英語利用者がアクセス
した際の表示:

表示が「Add Purchase Order」になっているボタン

中国語利用者がアクセス
した際の表示:

表示が「登记到订单管理」になっているボタン

日本語利用者がアクセス
した際の表示:

表示が「注文管理に登録」になっているボタン

アプリ設定
フィールドの設定ダイアログのアプリ選択欄を拡大

フィールドの設定ダイアログ内で使用されるアプリ選択欄を拡大しました。
アプリ名が長い場合や、アプリの候補数が多い場合などに選択しやすくなりました。

フィールドの設定ダイアログ(関連レコード一覧の場合)

今まで:

フィールドの設定ダイアログに表示された今までの小さなアプリ選択欄

1月版より:

フィールドの設定ダイアログに表示された1月ばんのより大きなアプリ選択欄

以下のアプリ選択欄の幅を変更しています

  • ルックアップフィールドの設定ダイアログの「関連付けるアプリ」
  • 関連レコード一覧の設定ダイアログの「参照するアプリ」

API
条件通知(アプリ、レコード、リマインダー)の設定を取得・更新できるREST APIを追加

アプリ、レコード、リマインダーの条件通知の設定を、取得・更新できるREST APIが追加されました。
これにより、アプリの設定を開発環境で行い本番環境へ反映するという運用を行っている場合などに、従来は画面操作で行っていた通知設定の作業を、APIを使って効率化することが可能になりました。

追加したAPI:

「アプリの条件通知」の取得・更新API /k/v1/app/notifications/general.json
「レコードの条件通知」の取得・更新API /k/v1/app/notifications/perRecord.json
「リマインダーの条件通知」の取得・更新API /k/v1/app/notifications/reminder.json

詳細はdeveloper networkをご覧ください。 developer networkはこちら

今後のアップデート予定

今後のアップデート内容の一部を先行してご紹介します。
アップデート予定は現時点のものであり、今後変更される場合があります。

アプリ設定 アプリ設定でプラグインを個別に無効化できるように

アプリ設定
アプリ設定でプラグインを個別に無効化できるように(2月)

アプリに追加されているプラグインを、プラグイン設定画面でそれぞれ個別に無効化できるようになる予定です。 アプリの表示や動作で問題が発生したときに、どのプラグインが影響しているかをひとつひとつ確認することができるようになり、問題の切り分けが行いやすくなります。

プラグイン設定画面

「無効 / 有効」ラベルと「無効にする / 有効にする」ボタンのある「状態」列が追加されたプラグイン設定画面

※現在開発中の画面です。