チーム一丸となって!そんなかけ声だけで、個の力がまとまるなら苦労はありません。チームを1つにするためには、もっと強く、具体的な「まとめる力」が必要です。小さなスイミーが巨大なマグロを驚かせたように。スカパラのアンサンブルが人の心を動かすように。チーム桃太郎が難攻不落の鬼ヶ島を攻略したように。

スイミー
東京スカパラダイスオーケストラ
桃太郎

たとえばビジネスの世界でも、 現場とマネジメントが同じ情報や目的を 共有することで強くなれる。

ビジネスのバラバラを ひとつに

人物

個の力だけでは到達できない領域へ、まとめる力。 それがサイボウズのクラウドサービス キントーンです。

人物

ビジネスのバラバラに、 キントーンを。

人物
バラバラな情報が 1箇所にまとまっていれば…
人物
案件の進捗状況、作成した提案書、日々の売上データ、溜まっていくノウハウ…。個人の活動で得られた知見やデータはチームの資産です。すべての情報が1箇所にまとまっていれば、あちこち探し回ることも、無くなります。キントーンでは、情報共有の場所もフォーマットも1つに集約。日々のやりとりがデータベース化され、キントーンさえ見れば、チーム全体の進捗の見える化やノウハウ共有が効率的に行えます。バラバラだった情報が1つにまとまると、チームが強くなるのです。
イラスト
チームの目指す方向が バラバラでまとまらない…
人物
伝わっていると思っていたのに?言わなくても分かるはず?意識を合わせないと、正しく伝わらないことも・・・。話し合うことで意識が統一され、時には新たな視点が生まれる。チームが1つの目的に向かって成果を出すには、コミュニケーションは不可欠です。キントーンでは、集約したデータを見ながら、複数人で会議のような活発な議論もオンラインで行うことができます。そのやりとりはチーム全員に見える化できるので、正しい意図や解釈もずれることなく共有できます。バラバラだった意識が1つにまとまると、チームが強くなるのです。
イラスト
立場がバラバラなメンバーが ツールを使ってくれない…
人物
チームメンバーは立場も視点もバラバラです。たとえば現場のメンバー、それをまとめるチームリーダー、そして組織を管理するマネジメント層。それぞれに必要な情報共有の形があり見たいデータも、求めている機能も違うはず。キントーンでは、それぞれの立場が必要なデータを、それぞれにとって最適な形に自在に変えていくことができます。チームにとって本当に使いやすい環境を整えます。バラバラな立場のメンバーも1つにまとめることができるのが、キントーンです。
イラスト
人物 人物 人物 人物 人物 人物

#まとまると強い キントーン導入事例

9,500チームがキントーンで「ビジネスのバラバラをひとつに」しました。

チームの目指す方向が1つに 売上が過去最高に

チームの目指す方向が1つに 売上が過去最高に

チーム名:京屋染物店
業種:製造業
導入規模:50名

詳細を見る
散在していた情報が1つに 業務時間3時間/日削減

散在していた情報が1つに 業務時間3時間/日削減

チーム名:スターフェスティバル
業種:飲食サービス業
導入規模:50〜300名

詳細を見る
立場や部署が違う人も1つに 集客から契約までが一気通貫に

立場や部署が違う人も1つに 集客から契約までが一気通貫に

チーム名:リノベる
業種:不動産業
導入規模: 50〜300名

詳細を見る
#まとまると強い キントーン導入事例

SPECIAL CONTENTS

日経電子版特集 (PR)

組織の問題をどう解決すべきか―
管理職/プレマネ/現場が“本音”を吐露!

掲載期間:2018年9月28日~

日経電子版特集 (PR)覆面座談会【前編】 日経電子版特集 (PR)覆面座談会【後編】