RPAを導入するなら
kintone×RPA
かんたん開発!劇的改善!

RPAを導入するなら
kintone×RPA
かんたん開発!劇的改善!

あるあるお悩み

業務効率化を実感できない…
現場のRPAお悩みあるある

あるある1
簡単という評判だったのに…思っていたより難しいロボット開発
簡単という評判だったのに…
思っていたより難しいロボット開発
あるある2
安心して仕事を任せられない…頻繁に停止してしまうロボット
安心して仕事を任せられない…
頻繁に停止してしまうロボット
あるある3
Excelからkintoneに移行したものの作業時間がなかなか減らない
Excelからkintoneに移行したものの作業時間がなかなか減らない

あるあるお悩みは
kintone×RPA
すべて解決できます

成功する3つのポイント

kintone × RPA
かんたん開発!劇的改善!

成功に導く方法とは?

POINT1

まずは複雑な業務をシンプルに!簡単開発のカギは業務の整理と見える化

まずは複雑な業務をシンプルに!簡単開発のカギは業務の整理と見える化

RPA導入を成功させる最初の一歩は、kintoneの得意分野である業務の整理と見える化です。ツールの使い分けをなくして業務をシンプルにしたり、情報やコミュニケーションを集約したりすることで、ロボットを開発しやすい環境にしましょう。

POINT2

kintoneで業務をシステム化 停止しにくいロボットを開発

kintoneで業務をシステム化 停止しにくいロボットを開発

エラーが起きにくいロボットを作るカギは、いかに変化の影響を受けづらいシンプルな指示を設定するか。そこで活用したいのがkintoneです。
kintoneで業務をシステム化すれば、ロボットへの指示がシンプルになり、エラーが起きにくくなります。例えば「どこ」は、ファイル名やフォルダの階層ではなく、URLによって一発で指示することが可能。これなら、ファイル名やファイルの保管場所の変更によってロボットが止まるリスクはありません。

POINT3

脱Excel & 脱ルーティン業務 kintone×RPAで大幅な効率化を実現

脱Excel & 脱ルーティン業務 kintone×RPAで大幅な効率化を実現

同時作業ができない、ファイル管理が大変、重くなって動きが悪いなど、課題の多かったExcel業務をkintoneに移行。Excelの課題は解決したものの、手作業での入力などアナログな業務は残ったまま。業務全体の効率を劇的に上げたいけれど、どうすれば…。
こんな場面で有効なのがRPAとの組み合わせです。kintoneへの入力やkintoneから別のシステムへの転記など、単純な定型業務をRPAで自動化することで、業務効率を大幅にアップできます。

成功に導く方法は
無料の解説資料で詳しく紹介しています

RPAとあわせて
kintoneを選びたい理由

RPAをもっと便利に
使うために

kintoneを選びたい
4つの理由

理由1

RPA運用の前に!あらゆる業務をkintoneで脱アナログ

顧客情報管理やファイル管理など、紙やExcelで行っていた業務を簡単にkintoneのアプリにすることが可能です。ExcelやCSVファイルは読み込むだけでkintone化、すぐにつかえるテンプレートは100種類以上、ドラッグ&ドロップでかんたんに業務アプリをつくれます。そのままではRPAで自動化できないアナログ業務をシステム化し整理することができます。
アプリ作成後も、項目の変更や追加がかんたん!システムの専門知識がなくても、現場主導ですばやく変化に合わせて改良することが可能です。

Excelを読み込むだけで
業務アプリを作成できる

Excelを読み込むだけで業務アプリに

ドラッグ&ドロップでかんたんに
業務アプリを改良できる

ドラッグ&ドロップでかんたんに業務アプリを改良できる

すぐに使える業務アプリテンプレートは100種類以上!

すぐに使える業務アプリテンプレートは100種類以上!

100以上の用途に使える! どれだけ使っても月1,500円(※)
※税抜価格。1ユーザーあたりの価格。5ユーザーから契約可能。​

理由2

統一されたフォーマットでロボットがエラーを起こしにくいデータ管理を実現

統一されたフォーマットでロボットがエラーを起こしにくいデータ管理を実現

設定された項目に沿って必要事項を入力していくだけでデータ登録が完了。
作業者によってフォーマットがバラバラにならず、ロボットがエラーを起こしにくいデータ管理が可能です。

理由3

いつ、どこで、何をするかロボットに指示しやすい

いつ、どこで、何をするかロボットに指示しやすい

例えば「どこ」を参照すべきかは、URLによって一発で指示することが可能です。
Excelだと条件を絞ってロボットを動かすのは指示が複雑になり大変ですが、kintoneなら条件を絞り込んだ一覧を複数用意できるので、ロボットにシンプルな指示を出すことができます。

理由4

業務の自動化だけじゃない 収集したデータを素早くグラフにして見える化

業務の自動化だけじゃない収集したデータを素早くグラフにして見える化

kintoneのアプリに溜めたデータは集計してグラフにすることができます。
リアルタイムにデータがグラフに反映されるので、RPAで収集したデータをすぐにグラフで確認することができます。

kintoneと連携できるRPA

あなたは
どのRPAを選ぶ?

kintone x BizRobo!

POINT1

独自の価格体系で圧倒的な費用対効果を実現

独自の価格体系で圧倒的な費用対効果を実現

BizRobo!は開発環境と実行環境をオールインワンで提供。開発者や実行ロボットを増やす際の追加コストの心配も無用。複雑な価格体系の理解やコストの悩みから解放します。

POINT2

ロボットの作成や実行などあらゆることを自在に

ロボットの作成や実行などあらゆることを自在に

BizRobo!は、ロボットやユーザーを一元管理できるため、統制のとれたプロジェクトの進行が可能。また、特定の場所に縛られることなく開発していくことができるためリモートワークにも適しています。

POINT3

導入から活用拡大まで専任体制でご支援

導入から活用拡大まで専任体制でご支援

RPAは導入することがゴールではなく、ロボットを開発運用する体制を整えることが重要です。専任の支援体制はもちろん、これまで10年以上にわたり蓄積してきた開発のTIPSや推進のコツをユーザーコミュニティでシェアしながら、伴走支援いたします。

POINT4

kintoneと連携して現場で定型業務を自動化

kintoneと連携して現場で定型業務を自動化

kintoneと基幹システムやSaaSなどの連携をBizRobo!で自動化することで業務を効率化。現場で見積書作成、受発注処理や勤怠管理などあらゆる定型業務の自動化を実現。

kintone×BizRobo!
連携して利用する具体的なユーザー事例をご紹介しています

解説資料のダウンロードはこちら
個人情報の入力は不要です

kintone x UiPath

POINT1

kintoneとUiPath連携が加速する現場主導のDX

kintoneとUiPath連携が加速する現場主導のDX

kintone上の定型業務はもちろん、kintoneと社内システムをAPI連携させることで、広範な業務を自動化します。
ローコード開発が可能な両ツールの連携により、アジャイルな開発と継続的な改善を実現し、現場主導で企業全体のDXを加速します。

POINT2

中堅・中小企業から大企業まであらゆる規模のビジネスを自動化

中堅・中小企業から大企業まであらゆる規模のビジネスを自動化

現場作業の自動化から企業の業務全体の自動化まで、ニーズに応じて柔軟に規模を拡大できます。現場ユーザー開発による自動化と、プロフェッショナル開発による全社的な業務の自動化を組み合わせることで、企業全体の業務改革に高い効果を発揮します。

POINT3

グローバル&日本におけるオートメーション分野のリーダー

UiPathは国内外の第3社機関より、評価を受けています。
グローバル&日本のオートメーション分野を牽引しています。
- 3年連続 リーダーの1社 2021年 Gartner® ロボティック・プロセス・オートメーションのMagic Quadrant™
- 3年連続 1位 日経コンピュータ 顧客満足度調査 RPAソフト/サービス部門

出典:Gartner, Magic Quadrant for Robotic Process Automation, Saikat Ray, Arthur Villa, Naved Rashid, Paul Vincent, Keith Guttridge, Melanie Alexander, 26 July 2021
Gartner は、Gartner リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。Gartner リサーチの発行物は、Gartner リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartner は、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。GARTNERおよびMagic Quadrantは、Gartner Inc.または関連会社の米国およびその他の国における登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved. 日経コンピュータ 2021年9月2日号 顧客満足度調査 2021-2022

kintone×UiPath
連携して利用する具体的なユーザー事例をご紹介しています

解説資料のダウンロードはこちら
個人情報の入力は不要です

kintone x Coopel

POINT1

月額5,940円(税込)のクラウドサービス

月額5,940円(税込)のクラウドサービス

低価格で導入しやすい
Coopelはクラウドに特化しているため、手軽な価格で利用できます。「RPAには興味があったのだけど高くて手が出せなかった」「デスクトップ型のRPAは既に導入しているが、2台目としてクラウド型も検討している」という企業におすすめです。
1アカウントから購入可能
Coopelはアカウントごとの課金制。1アカウントから契約でき、スモールスタートが可能です。“RPA導入”というと大掛かりなプロジェクトに思われがちですが、小さく始めることが可能なのがCoopelの特徴です。
中小企業様での導入・活用実績多数
「価格が廉価であること」「機能がシンプルで初心者でも使いやすいこと」から、利用企業の多くが中小企業です。
POINT2

ゲーム事業を運営してきたDeNAだからこそ提供できる、初心者でも自動化できる分かりやすさ

ゲーム事業を運営してきたDeNAだからこそ提供できる、初心者でも自動化できる分かりやすさ

分かりやすい画面構成・シナリオ作成を実現
Coopelの提供会社であるDeNAは長年モバイルゲームを運用してきました。そこで培ったノウハウを発揮し、「初心者でも使いやすい操作性」を実現しています。
利用方法解説が充実
チュートリアルや画面上での説明が充実しているため、Coopelを実際に操作しながら操作方法を覚えることが可能です。もちろんwebでマニュアルも提供しています。
POINT3

kintoneと他サービスの連携シナリオのテンプレートを多数用意

kintoneは、Coopelと自動化されるサービスの代表格です。そのため、当社から多数のシナリオテンプレートをご用意しています。ご利用者様はテンプレートを利用し、より簡単に自動化を行うことができます。

POINT4

30日間の無料お試しで全機能を試すことが可能

クレジットカードの登録などは不要。数分程度で試用アカウントを発行できます。30日間全ての機能を試してみることが可能です。

kintone×Coopel
連携して利用するポイントを詳しくご紹介しています

解説資料のダウンロードはこちら
個人情報の入力は不要です

知りたいあなたに!
解説資料を無料で
ダウンロードできます

解説資料のダウンロードはこちら
個人情報の入力は不要です
お問い合わせはこちら

関連情報

kintonexRPA
サイボウズオフィシャルプロダクトパートナー
専用サイトはこちら

*外部サイトへ遷移します