主要なアップデート(2018年11月)

主要なアップデート(2018年11月)

最新版の「kintone」のポイントをご紹介します。

その他の変更点は、アップデート情報をご覧ください。

OAuthクライアントの追加機能(β)(cybozu.com共通管理)

ご利用の環境と連携するOAuthクライアントを追加できるようになりました。
本機能追加により、セキュアに他システムとの連携が可能になりました。
OAuthクライアントに登録したアプリケーションで、ユーザーのパスワードを渡すことなく必要な権限を認可することができます。

※この機能は、スタンダードコースでのみご利用いただけます。

具体的な利用手順はcybozu developer netoworkの記事をご確認ください。

Slack 連携機能の追加

kintoneのプロセス管理で、作業者に割り当てられた時に連携しているSlackにダイレクトメッセージで通知することができるようになりました。

※この機能は、スタンダードコースでのみご利用いただけます。

詳しい設定方法はヘルプをご確認ください。

モバイルビューの機能改善

モバイルビューでグループフィールドが利用できるようになりました。

Microsoft Flowとの連携強化(2018/11/28 追加)

Microsoft Flowとの連携で、次のトリガーが追加されました。
Microsoft社のサービスで行っている業務もkintoneと連携して幅広くご利用いただけるようになりました。

※この機能は、スタンダードコースでのみご利用いただけます。

  • ・レコードの更新
  • ・レコードの削除
  • ・レコードコメントの投稿
  • ・プロセス管理のステータス更新

kintone API 更新情報

こちらはkintone API 更新情報です。
kintone APIを利用したカスタマイズは、kintone スタンダードコースでご利用できます。

モバイルビューAPIの改善

モバイルビュー APIでプロセス管理のイベント対応、レコード保存イベント対応、グループフィールドの開閉対応が可能になりました。
これらのAPIを利用することで、PCビューと同じように開発やカスタマイズができます。

プロセス管理のイベント対応

モバイルからプロセス管理の実行ボタンを押すと、自動的にプロセスが実行された日時の情報を他のフィールドに保存するといったカスタマイズが可能になります。

レコード保存イベント対応

出荷申請アプリにモバイルから出納レコードを登録(編集)したときに、在庫管理アプリから在庫を増減するといったカスタマイズが可能です。

グループフィールドの開閉対応

モバイルから開いたときには、特定のグループフィールドだけ開いた状態にするなどのカスタマイズが可能です。

その他の変更点は、アップデート情報をご覧ください。

Pagetop